不動産は仲介手数料無料がいいに決まってる

不動産売買の仲介手数料無料の仕組み

不動産売買の時不動産会社を介する場合、一般には売る側と買う側の両方に仲介手数料が発生します。

しかし近年、「仲介手数料無料」や手数料をより安くする方向で取り組みをしている不動産会社が増えています。

仲介手数料は、上限として「物件価格×3.24%+6.48万円」というのが決められています。

しかし下限は決められていないのです。

ですので、企業の努力次第で安くすることは可能となります。

例えば、売る側が業者で買う側が個人の場合は、売る側からのみ手数料をもらって買う側からは無料にするという方法もあります。

逆に売る側が個人で買う側が業者の場合だと、個人の方は無料にして業者からのみ手数料を頂くときもあります。

また、無料だけではなく、半額になる時もあります。

売る側と買う側の両方が個人であった場合は、仲介手数料半額になるケースもあります。

売る側と買う側に業者が介在する時も半額になるケースもあります。

不動産売買の時の手数料は、仲介手数料無料にしても関わった業者が損をしないような仕組みになっています。

仲介手数料無料にする為の不動産業者の努力

今までだとどの不動産会社も上限いっぱいに仲介手数料を受け取っていました。

しかし近年は、仲介手数料無料だったり半額だったりという不動産会社も増えてきています。

仲介手数料といのは、企業側としては、重要な収入源になります。

それを無料や安くするというのは、それなりの企業側の努力があります。

考えられる理由の1つめとして、広告費の削減です。

不動産のチラシや新聞折り込みなども相当な金額になります。

近年は、インターネットなどが普及しているので、このような情報媒体を利用するなどをして、経費を抑えています。

理由2つめは、人件費の削減です。

新築物件のオープニングの時には営業マンが立って、訪問してくるお客様を待っています。

ただ立っているだけでも人件費が発生します。

このような営業スタイルを改善していくなどして経費節約をしています。

不動産の仲介手数料無料で契約

そしてその分大きな収入源である、仲介手数料無料にしたり、安く抑えたりできるのです。

ただ単に、安く取引をしている訳ではないのです。